組織変遷

学生陸上部 組織変遷

1902年(明治35年) 創部(東京高等師範学校、体操伝習所、高等師範学校合同)

1974年(昭和49年) 筑波大学陸上競技部 へ改名

 

校名の変遷と卒業生数の推移図

注)部誌「世紀を越えて」巻末の卒業年別名簿記載者数(M42-H19)とその後は競技部「部報」各年度の「個人記録集」の4年生と大学院2年及び5年生の総数

 

東京教育大学陸上競技部の始まり

昭和33(1958)年 体育学科卒  関岡 康雄

明治34(1901)年、東京高等師範学校に校友会が結成されたのに続き、明治35年に徒歩部と遊泳部が加えられた。この徒歩部が現在の陸上競技部の源である。…

「東京教育大学陸上競技部の始まり」の続き(クリックすると開きます。)

 

ユニフォーム、ジャージの歴史

(準備中)

 

競技場、寮

(準備中)

 

OB・OG会 組織変遷

(準備中)

 

歴代会長

(準備中)